見える世界と
見えない世界を
つなぐ​講演・執筆

これまで企業、教育関係、自治体から講演や執筆の機会をいただいています。(2014年に活動を始めてから講演回数42回、2100名が参加見えない世界を知ると、人とのつながりやコミュニケーションの楽しさに気づけます。ここが私の強みです。「コミュニケーション」をテーマに講演等の企画をされる場合は、ぜひお気軽にお声がけください!東京都内在住ですが、いろんな地域の方々とお会いしたいです!

講演のご感想

“私も視覚障害の子どもを産んだ時、すぐに「同じ病気の子はどうしているのかな?」とか色々調べました。でも、そんなにネット上には情報がなくて、とても悩んだのを思い出しました。でも、今日のように、情報を発信してくださる西田さんのような方がおられて、とても安心しました。自分の子供も、こんな風に生活していくのかなとか考えられて、やっぱり同じような人達とつながれるのは良いなと思いました。"(視覚障害をもつお子さんのママさん)

“出来ることもあるけど、出来ないこともある。困った時は助けを求めればいい。 葛藤と向き合いながらも、明るく前向きに育てていきたいと思います。"(視覚障害をもつお子さんのママさん)

“目の見えない親が見える子供と遊ぶことのできる玩具という視点は、今まであまり考えたことがなかったので、今後の品質保証の仕事をする上で貴重な視点を教えていただけたと思います。 西田さんの講演内容は、メーカーのサービス部門の者として身にしみて参考になりました。"(企業関係者)

著書

いまのあなたで大丈夫!
全盲ママが伝える繋がる子育ての魅力

──「あなたに母親は無理」「目が見えなくて何ができるの?」

周りからの冷たい視線に押しつぶされていた私。けれど、娘を通じて、たくさんの温かく優しい人たちと出会い、大切なことに気付きました。

“工夫次第で今の私にもできることはある。今の私だからこそ、できることがある。” ──

どんな状況でも自分らしくしなやかに生きる秘訣とは?子育てで息詰まっているお母さんはもちろん、人生の壁に直面しているすべての人に。

YouTube公開のドキュメンタリー「特別なんかじゃないんだよ 全盲ママの子育て」が100万回再生を突破した、今話題の全盲ママユーチューバーがやさしく語りかける初の書き下ろしエッセイ。

著書
著書のご感想

“視覚障害、と聞いて生活をイメージ出来る方は少ないと思います。でも、この本にはどのように生活しているか、そして周りの方がどのように接しているかを書いてあるすごく素敵な本だと思います。西田さんは思い出を美化せず、障害があるから頑張っているとならず、その辺にいらっしゃる子育てに悩んでいるお母さんです。是非、一度手に取って(電子書籍ですが)読まれて見ることをお勧めします。必ずあなたの刺激になるはずです!"(たなようさん)

“とても読みやすく、一気に2時間くらいで読みました。子育ては、親が完璧に育てる必要もなく、対等の立場で一緒に育っていくものなのだなと、自分の子育ての反省をしながら読ませていただきました。あとがきに、「障害は個性ではない」と書かれており、いい意味で衝撃を受けました。ちまたでは、「障害とは思わず、個性と思おう!」という風潮が多く見られるから、なおさらでした。出来ないことは出来ない。「個性」と言って逃げないことの大切さ、向き合う勇気が大事だと考え冴えられました。これは障害を持ってない方にも通じる話であり、考える価値のあるテーマです。読みやすく、勇気がもらえる書物です。またすぐに読めるので、軽く自信を失っている方にオススメの本です!"(井下田久幸さん)

“とてもわかりやすく、心の動きや状況が書かれていて、一気に読んでしましたした。
物事に積極的に取り組む西田さんの持ち前の行動力があちこちに出てきて、多くの出会いがあったのだなと心が温かくなります。「障害はどこまでいっても障害」「自分で工夫することや周りに伝えることの大切さ」は私も常々感じているので、いろんな面で共感しました。私は子供はいませんが、自分が子供の時にモグモグやこどもへのまなざしのようなのびのび遊べる場所があったら楽しかっただろうなあと想像します。これからも応援しています☺️素敵な本をありがとうございました✨!"(萩 弥生さん)

これまでの活動と、今後についての思いは、下のnoteに掲載しています。
「決めつけのない、工夫を認め合える社会を目指して」ホームページ開設に寄せて|西田梓|note

note

文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を配信するウェブサイト「note」で​エッセイを配信しています。

私が生活の中で経験したことや、失敗談、工夫などを記しています。

brandguideline.png
LINE.png
最新情報は
LINEでお知らせ

noteの配信日は不定期です。「西田梓公式LINEアカウント」に登録していただくとLINEに配信通知をお届けします。YouTube動画の配信・ニュースも!下の「お友達追加する」を押して登録していただけると嬉しいです!

学生論文執筆

過去の講演実績

2022年の講演

(2月)
「点字毎日」創刊100年 西田梓×佐木理人 ~『点毎』のすべて教えます(毎日新聞創刊150年記念イベント内の講演。参加者200名)

(11月)

​プリンスホテル高齢者障害者への接客マナー研修(視覚障害担当)。参加者60名

 
2021年の講演実績

・「今のあなたで大丈夫~卒業生からのメッセージ」(母校神戸市立視覚特別支援学校での講演会。参加者40名)

・関西学院大学での「障害学概論」ゲスト講師(参加者数200名)

・石川県小松市にて「全盲ママが伝える繋がる子育ての魅力」オンライン講演会(参加者数100名)

・演劇関係者のためのバリアフリー講座(参加者数20名)

・広島県立広島中央特別支援学校 オンライン公演(参加者数20名)

2020年の講演実績

・神奈川県「ひよこの会」(視覚障害乳幼児を持つ親御さん10名が参加)

・東京福祉専門学校「介護福祉士科」の三年生への授業(全盲の私がどうやって生活や子育てをしているかなど。参加者20名)

​・パラブラ株式会社の松田高加子さんとのライブ配信をしました。テーマは「映画の音声ガイド」について(参加者数50名)


・ハートフルアドバイザー研修(そごう・西武の対話型研修。参加者26名)

2019年の講演実績

・「千葉県 図書館市民講座 見えないママの楽しい子育て ー特別なんかじゃないんだよー」(参加者30名)

 

・「ハートフルアドバイザー研修 プリンスホテル」 (参加者50名)

 

・「ハートフルアドバイザー研修 そごう・西武」(参加者50名)

 

・「語り合おう!読書バリアフリーのこれから 障害のある子供と本をつなぐ」(公益財団法人 文字・活字文化推進機構主催。参加者100名)

※2014年から活動をスタートし、これまでの講演回数は42回、2100名が参加